みなとのくらし

2022.01.17

  • Twitter
  • Facebook
  • Share

以上児さんが大根とかぶを収穫しました

以上児さんは、みなと農場で初めて大根かぶの栽培に挑戦しました。

種を蒔いてくれたのはうみぐみさんです。

10月に、もりぐみさんそらぐみさんがお昼寝をしている間に蒔きました。

 

たくさん出てきた芽は、何度か間引きもしました。

 

冬の寒さにも負けず、育った大根かぶ!

13日(木)お天気の晴れ間をみてみんなで収穫に行きました。

大きくなっているかな?

どれどれ抜いてみよう

どうやって抜くの~?

うわ~!抜けた!!

お部屋を出る時には「さむ~い」「手が冷た~い」という声も聞こえましたが・・・。

抜いたらみんないい笑顔 !(^^)! 収穫の喜びを味わいました💛

子ども達が抜くにはちょうどいいサイズ(;^ω^)

種を蒔くのがちょっと遅かったようで

どれも子どもたちの手にぴったりのミニサイズでした😅

 

かぶはその日のうちに甘酢漬けにして、給食で食べました。

瑞々しくて甘くって、水分たっぷり💧

やっぱり抜きたては違います!!

 

翌日 お部屋では大根の煮物作り。

大根を洗って・・・

 

お醤油、お砂糖、みりん、お出汁

調味料の準備もバッチリOKです

 

次は、先生が大根を切ってお鍋でコトコト煮る番です。

「先生、手を切らないでね💛」 みんなじっと見守ります(^^)

 

 

おいしくなあれ!

 

コトコト煮込んで・・・

給食の時に、ご飯と一緒に食べました😊

まだまだ、大根・かぶのクッキングは続きます。

次は何を作ろうかな?

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ