みなとのくらし

2021.12.02

  • Twitter
  • Facebook
  • Share

若がえりの水

みなとこども園の子どもたちは『人形劇』が大好きです。

この日は『若返りの水』というお話。

ある日、おじいさんが山に行くと、とてもいいにおいがしてきました。

においのする方へ行ってみると山の清水があって

その水を一口飲んだら、おじいさんは若返ってお父さんくらいに

なりました。もう一口飲んだら、なんとお兄さんくらいに!

おじいさんはピンと背筋を伸ばして家に帰っていきました。

それを聞いておばあさんも出かけていきます。

「ああ、いいにおいだ。ここだここだ」

一口飲んだら、若いきれいなお姉さんに!!!

もっと、若くなろうと欲張ったおばあさん。

とうとう・・・

赤ん坊になってしまいました。

おじいさんは赤ん坊になったおばあさんを

家に連れて帰り一生懸命育てたというお話です。

 

目をきらきらさせて見ている子どもたち

若がえりの水・・・

何ごとも欲張ってはいけない と

教えてくれるお話です。

 

このページの先頭へ